新しいがん治療

Hospital

免疫を用いた治療について

免疫療法は第四のがん治療とも呼ばれ、私たちの体をウイルスや細菌などから守ってくれる免疫システムの働きに注目して行われる治療法です。私たちの体内では多様な免疫細胞が連携し、侵入してきた外敵を攻撃しながら私たちの命を守るための活動を行っています。免疫療法はこれらの免疫細胞の一種であるリンパ球を一度患者の体外に取り出して培養し、増殖させて活性化させた後、再び患者の体内に戻してがん細胞を攻撃させて治療を行うという方法です。このような方法は活性化リンパ球療法と呼ばれます。また、腫瘍浸潤Tリンパ球療法という方法はがんのみを攻撃対象とするリンパ球を取り出し、活性化させ、培養・増殖させて体内に戻して治療を行う方法です。

免疫療法の課題と研究成果への期待

現在、広く行われているがん治療には、外科療法、放射線療法、抗がん剤などの化学療法があります。これらは3大がん治療とよばれ、医療機関で行われる標準的治療となっています。しかし、免疫療法は医師免許を有していない人でも行うことが可能な民間療法の場合もあり、また医療機関で行われる場合でも、自由診療という名目で患者に対して数百万円というかなり高額な請求を行う診療所もあり、現在のところその効果が十分に立証されていない状況にあると言われています。しかしながら、患者自身の免疫の防御システムに着目し、自己免疫を用いてがん細胞を治療するという点はこれまでのがん治療法にはなかった点で、今後も免疫療法の更なる研究成果の蓄積が期待されています。